早期治療・根本改善!

【京都市山科区 せがわ接骨院】 仕事!VS自分のカラダ! どっち!? 坐骨神経痛の症例

こんにちは

京都市山科区 せがわ接骨院 せがわです。

 

先日、初めて来院された50代後半男性の症例。

 

仮にAさんとします。

 

Aさんは今もバリバリで現場で作業もこなす建築関係の経営者さん。

 

主訴は、足の太もも裏の痛み(坐骨神経痛)

(病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断 2年ほど前)

 

BAC1B9FCBFC0B7D0C4CBA5A4A5E9A5B9A5C8

痛みとはいかないものの常に重だるさ有り。

 

この時期は月に1回休めるかどうか?くらいの忙しさ。

 

最近までは忙しいながらも痛いので近所の整骨院で電気やマッサージを受けて、3週間に1回くらい病院へ受診。

 

病院では「歳も歳なんで足腰の筋肉が落ちている。毎日歩いてください。運動して筋肉をつけてください。」で腰痛体操の用紙を貰って、鎮痛剤とシップを処方されたそう。

 

でも、言われた毎日歩くや腰痛体操はせず。

 

太もも裏の痛みが一向に治まらず鎮痛剤も効かなくなってきて、何とかならんか?とネットで当院を見つけて予約から3日後に来院。

 

まず問診室まで視診にて「歩くのもつらそう、、、」

 

それから椅子に座って貰って、ねほりはほり聞き取り。

 

Aさん「痛い!でも忙しいねん!」のリピート(苦笑)

 

ふむふむと聞き取り後。

 

ある程度の治療の説明をして検査へ。

 

SLR検査(手で行うヘルニアの検査)、反射ともに問題なし。

 

足の方から各関節の動きのチェック⇒骨盤⇒背骨のチェック。

 

全く背骨のしなりがなかったので、まずはお腹を調整。

 

それから足首⇒ひざ裏⇒股関節⇒骨盤⇒背骨を調整。

 

調整後、ある程度しなりも出てきたので次回へ、、、

 

まとめ、

今回の症例は回数、期間がかかります。

 

と言うのも、ついつい仕事や何かの忙しさで先延ばしにしてしまったり、痛みをごまかしながら使ったりなど、、、

 

これによって症状は良くなるどころか悪くなります。

 

そうなると必然的に回数や期間は、、、てな感じです。

 

「寝たら治った!」「ほっといたら治った!」は、まずありませんので。

 

お心当たりのある方は今すぐこちら 075-502-4976  

 

本当の原因を取り除くための整体をお探しなら【京都市山科区のせがわ接骨院】までお問い合わせください。

ご予約は今すぐ

 075-502-4976⇐スマホの方はこちらをタップ

 

※完全予約制(お電話または窓口まで「ブログを見ました!」とお伝えください。)

 

初めての方はこちら

 

料金についてはこちら

 

せがわ接骨院の駐車場はこちら

 

駅からのアクセスはこちら

 

 

営業時間:

午前 8:30~12:30

(月・火・木・金・土)

 

水曜午前のみ 9:30~12:30

午後 16:00~20:00

(月・火・水・木・金)

休診/土(午後)・日・祝

 

ご予約は今すぐ

075-502-4976⇐スマホの方はこちらをタップ

 

LINE

 

京都市山科区で骨盤矯正に強いせがわ接骨院のHPはこちら

 

京都市山科区で交通事故に特化したせがわ接骨院のサイトはこちら

 

京都市山科区で口コミ数 ” 地域No.1” に選ばれているせがわ接骨院のサイト

 

 

2016年2月27日 4:35 PM

京都市山科区せがわ接骨院 施術の流れ

せがわ接骨院の施術のながれ

お問合せ・ご予約はこちら

TOPへ戻る

せがわ接骨院 公式サイト

..