早期治療・根本改善!

【症例】大病後の後遺症!?足指の痛みとシビレの高齢者さん

 

おはようございます。

せがわ接骨院 せがわです。

 

本日もブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

 

【片方の足裏の指に痛みシビレがある高齢者の症例】

 

仮にKさんとします。

 

Kさんは編み物をするのが大好きな80代の女性。

 

204095

 

 

5年ほど前から足指に痛みとシビレを感じ歩くと痛みは強くなる状態。

 

3カ月前に整形外科へ。

 

レントゲンで問題なし。

 

・過去のケガや大病を患っていた後遺症

・使いすぎでの炎症

 

上記の診断で、

 

冷やす、お湯に足を突っ込んで動かす、電気、マッサージ、テーピングなどリハビリ開始。

 

 

「気持ち良いが効果が持たない、、、」と、ご近所の井戸端会議中に相談。

 

ご近所さんの紹介で当院に来院。

 

 

まずは、聞き取り(問診)

 

 

主訴は【左足指裏側の痛み・シビレ】

 

・常に冷えたような足指の痛みとシビレ。

・右膝の痛み。

・肩こり。

・両足が常にだるい。

・癌で摘出手術、抗がん剤を投与。(4年前)

  ↓

某大学病院を癌の経過観察のため定期的に受診。

  ↓

Dr.に足指の痛みを聞いたところ抗がん剤の後遺症。とのこと

 

 

 

身体のチェック(見たり、触ったり、動かしたりの検査)

 

・歩くと左足指痛みが強くなる。

・足首の腫れ(1年前に捻挫歴あり)→押さえたり、動かしての痛み・熱感なし。

・かかとだけでの歩行。

・円背姿勢

 

 

身体のチェック後、原因と施術の説明。

 

※抗がん剤は副作用の強い薬ですが、4年前のものが片方の足にだけ残る!?とは考えられないです。

 

原因となる首・腹部の脊髄神経(背骨の中)へ光線照射。

   ↓

続いて、手指のツボを押圧。

   ↓

光線照射、押圧後に再度、身体のチェックを実施。

   ↓

歩行時の足指の痛みなし。 足首の腫れは残る。

 

 

今後の計画および注意事項をお伝えして続きは次回へ。

 

 

最後に、

 

蓄積しているものを一旦流しただけなので、最初数回は痛みやシビレは戻ります。

 

この流れを良くする施術を数回繰り返すことによって痛みやシビレは徐々になくなります。

 

症状の程度や蓄積している期間により変わります。

 

※Kさんは、おおよそ12回の施術が必要です。

 

 

追伸

 

「足裏を揉んだり、電気を当てたり、冷やしたり」で一向に良くならない。

 

「どうせ歳なんで良くならない。」と諦めている。

 

この様に言ってるご家族の方が近くにおられましたら、是非お問い合わせください。

 

解決方法はありますよ。

 

 

本当の原因を取り除くための施術をお探しなら【京都市山科区のせがわ接骨院】までお問い合わせください。

 

※完全予約制(お電話、メールまたは窓口まで「ブログを見ました!」とお伝えいただくとスムーズにご予約できます。)

 

 

ご予約、お問い合わせはこちらへ

↓  ↓  ↓

075-502-4976⇐スマホの方はこちらをタップ  

 

 

※休診、休憩中は留守番電話になっております。

  メールフォームからのご予約が便利です。  

 

【メール】でのご予約はこちらへ

↓  ↓  ↓

http://segawa-hone.com/new_visit#toiawase

 

 

営業時間:

 

jikoku

 

注:施術中など営業時間内でも留守番電話になってる場合があります。

 

お名前と携帯番号を残してください。

 

確認後、こちらからご連絡いたします。 

 

 

ご相談、ご質問はこちらへ(無料です)

↓  ↓  ↓

http://form.os7.biz/f/27fc13e1/

 

 

初めての方はこちら  

 

料金についてはこちら

 

 

LINE

 

 

京都市山科区で骨盤矯正に強いせがわ接骨院のHPはこちら

 

 

京都市山科区で交通事故に特化したせがわ接骨院のサイトはこちら

 

 

京都市山科区で口コミ数 ” 地域No.1” に選ばれているせがわ接骨院

 

 

 

2016年5月14日 7:40 AM

京都市山科区せがわ接骨院 施術の流れ

せがわ接骨院の施術のながれ

お問合せ・ご予約はこちら

TOPへ戻る

せがわ接骨院 公式サイト

..