早期治療・根本改善!

痛みのないカラダを作る”食について①”【京都市山科区 醍醐の整体・せがわ接骨院】

 

おはようございます。

せがわ接骨院 せがわです。

 

本日もブログをご覧いただきまして本当にありがとうございます。

 

 

 

本日は【痛みのないカラダを作る”食について”】の話。

 

 

 

テーマは、

 

 

よく噛んで「腹八分目」にしておきましょう!

 

 

˜Vl—«C_‚¨‚¢‚µ‚¢˜aH

 

 

腹八分目が良い。ってことは耳にしたことあるかと思います。

 

 

 

 

でも腹八分目ってどれくらいなの?

 

 

これは、「少し物足りないかな、、、」「あとチョット食べれるな」と感じるところです。

 

お腹が減った時に、いっぱい食べて無茶苦茶眠たくなって、そのまま寝てしまった。ことはありませんか?

 

 

484555

 

 

これは、胃や腸などの消化器官に大きな負担をかけていると起こる現象なのです。

 

本来寝ている間は腸内は休んでいる状態なのですが、消化できない食べ物が残っていては休むことができません。

 

お腹いっぱいまで食べる生活を続けていると、消化できない食べ物が腸の中で腐った老廃物となります。

 

老廃物は毒素を出して腸の機能を低下させます。

 

そして、便秘となります。

 

また、毒素などが血液などから身体中に散らばって肌にニキビや肌荒れとなって排泄されます。

 

腸内環境が悪くなると様々な疾患を発症させる可能性が高くなります。

 

 

 

では、「腹八分目」はどのようにすれば良いのか?

 

 

 

1、ゆっくりとよく噛んで食べましょう!

 

 

良く噛まない早食いは腸に負担をかけ新陳代謝が低下して太りやすい身体になります。

 

満腹感が得られる前に食べてしまうからです。

 

一口30回ほど噛むのが理想です。

 

 

 

2、野菜やスープを一番最初に食べましょう!

 

 

食事は食べる順番も大切です。

 

野菜やスープから食べることで脳の満腹中枢が刺激されて食べ過ぎが抑えられます。

 

ホテルの前菜、副菜といったようなディナーの順番を参考にするのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

3、ひと回り小さい器に変えてみましょう!

 

 

やはり大きい器に盛りつけると見栄えが良くみえますが、ついつい食べ過ぎてしまいます。

 

いつもよりひと回り小さい食器類にすることをオススメします。

 

カロリーカットにもつながります。

 

逆に、野菜や海藻、きのこは大きな器にしてみてはいかがでしょうか!

 

 

 

最後に

 

 

胃腸が食べた物をしっかりと消化吸収すれば、栄養をちゃんと取り込むことができます。

 

また、老廃物もスムーズに排泄され便秘にもなりません。

 

さらに、消化吸収に必要になるビタミンやミネラル、酵素などが無駄にならないので、健康でハリのある美しい肌や身体を保つことができます。

 

お腹いっぱい食べることは、めちゃくちゃ幸せなんですが、身体には相当な負担をかけていることもにもなります。

 

 

食べ過ぎない。「腹八分目」ということが、、、

 

 

痛みのない健康な身体を作り保つための秘訣ではないでしょうか!

 

 

 

本当の原因を取り除くための施術をお探しなら【京都市山科区・醍醐の整体・せがわ接骨院】までお問い合わせください。

 

 

 

ご予約、お問い合わせはこちらへ

↓  ↓  ↓

075-502-4976

 

 

24時間メール予約はこちら

 

 

ご連絡・ご相談はこちらまで。 3営業以内にご連絡します。

  ↓  ↓  ↓

http://form.os7.biz/f/27fc13e1/

 

 

 

 

jikoku 

 

 

注:施術中など営業時間内でも留守番電話になってる場合があります。

お名前と携帯番号を残してください。

確認後、こちらからご連絡いたします。 

   

 

 

LINE

 

 

京都市山科区・醍醐で骨盤矯正に強いせがわ接骨院のHPはこちら

 

 

京都市山科区・醍醐で交通事故に特化したせがわ接骨院のサイトはこちら

 

 

京都市山科区・醍醐で口コミ数 ” 地域No.1” に選ばれているせがわ接骨院のサイトはこちら

 

 

2016年10月26日 12:13 AM

京都市山科区せがわ接骨院 施術の流れ

せがわ接骨院の施術のながれ

お問合せ・ご予約はこちら

TOPへ戻る

せがわ接骨院 公式サイト

..