早期治療・根本改善!

ロコモティブ症候群を簡単に確かめる7つの項目【京都市山科区 醍醐の整体 せがわ接骨院】

 

おはようございます。

せがわ接骨院 せがわです。

 

本日もブログをご覧いただきまして本当にありがとうございます。

 

 

 

本日は前回【ロコモティブ症候群】の続きで、

 

544363

 

 

【ロコモティブ症候群を簡単に確かめる7つの項目】

 

 

 

日本整形外科学会推薦のロコモティブ症候群の確認方法です。

 

 

①片足立ちで靴下が履けない。

 

②家の中でつまずいたり滑ったりする。

 

③階段を上がるとき手すりが必要である。

 

④掃除機や布団の上げ下ろしなど重いものを持つ家事などが困難である。

 

⑤2㎏(牛乳パック2個ほど)の買い物をしたとき持ち帰るのが困難である。

 

⑥15分くらい歩き続けるのが困難である。

 

⑦横断歩道を青信号で渡りきれない。

 

 

このうち1つでも当てはまるとロコモティブ症候群の心配があるようです。

 

 

1つでも当てはまった方は、以下のトレーニングを実践してください。

 

 

トレーニングといっても毎日たった2つのトレーニングをするだけ予防出来ます。

 

 

 

【ロコモーショントレーニング】

 

 

まずは、

 

1つ目 バランス能力をつけるロコトレ

 

「片足立ち」

 

テーブルなどに片手をついたまま背筋を伸ばします。

 

その際、床につかない程度に片足を1分間上げます。

 

次に、反対の足も床につかないように1分間上げます。

 

この運動を1日3回おこなってください。

 

この運動をすることでバランス能力を付けたり足を鍛えられることで転倒などの予防になります。

 

 

 

2つ目 下肢の筋力をつけるロコトレ

 

「スクワット」

 

足を肩幅よりやや広く開き、お尻を突き出すように膝を曲げて身体を沈めます。

 

膝の曲げる角度は90度くらいで、また膝を伸ばし立ち上がります。

 

1日5~6回おこなってください。

 

 

スクワットが苦手な方は、テーブルに手をついた状態で椅子に座り、テーブルに手をついたまま立ち上がってください。

 

5~6回を1日3回程度おこなってください。

 

 

最後に、

 

いつまでも健康で好き時に好きなところへ行ける元気な足腰を保つために毎日おこなってください。

 

痛みなどがある場合は一旦中止してください。

 

無理なくやり続けることがしっかりとした足腰、しいては元気な身体にするコツになりますよ。

 

 

 

本当の原因を取り除くための施術をお探しなら【京都市山科区・醍醐の整体・せがわ接骨院】までお問い合わせください。

 

 

 

ご予約、お問い合わせはこちらへ

↓  ↓  ↓

075-502-4976

 

 

 

24時間メール予約はこちら

 

 

 

ご連絡・ご相談はこちらまで。 3営業以内にお電話します。

  ↓  ↓  ↓

http://form.os7.biz/f/27fc13e1/

 

 

 

 

jikoku 

 

 

注:施術中など営業時間内でも留守番電話になってる場合があります。

お名前と携帯番号を残してください。

確認後、こちらからご連絡いたします。 

   

 

 

LINE

 

 

京都市山科区・醍醐で骨盤矯正に強いせがわ接骨院のHPはこちら

 

 

京都市山科区・醍醐で交通事故に特化したせがわ接骨院のサイトはこちら

 

 

京都市山科区・醍醐で口コミ数 ” 地域No.1” に選ばれているせがわ接骨院のサイトはこちら

 

 

2016年12月8日 10:01 PM

京都市山科区せがわ接骨院 施術の流れ

せがわ接骨院の施術のながれ

お問合せ・ご予約はこちら

TOPへ戻る

せがわ接骨院 公式サイト

..