早期治療・根本改善!

応急処置「のど詰め」編 【京都市山科区 醍醐の整体 せがわ接骨院】

 

おはようございます。

せがわ接骨院 せがわです。

 

本日もブログをご覧いただきまして本当にありがとうございます。

 

 

おめでとうございます。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

656508

 

 

今年から定期的になりますが日常で、いつ何時起こりうるか分からない。

 

もしものトラブルに対して家庭で出来る応急処置方法を何回かに分けてご紹介していきます。

 

 

 

第1回は【のど詰め】について

 

 

051310

 

毎年この時期(お正月)に多くの人が、のどに詰まらせて救急搬送されます。

 

特に高齢者が餅をのどに詰まれせて亡くなる事故は毎年必ず起きています。

 

毎年国内では食べ物による窒息での死亡数は4000名。

 

なかでも圧倒的に多いのは餅になります。

 

 

のどが詰まるトラブルには二つのパターンがあります。

 

・食道をふさいでしまう場合

 

・気管をふさいでしまう場合

 

気道は3~6分閉ざされると死亡することもあります。

 

なので、いずれの場合でも早急に異物を取り除く必要があります。

 

そして異物を取り除くにはいくつかの方法があるのですが、状況によって異なるので、まずは落ち着いて状況を見極めることが大切になります。

 

過去に効果的な方法とテレビなどで紹介されていた内容も現在では、行ってはダメと言われる方法もありますので最後まで呼んでくださいね。

 

 

まずは必ず一番にやって欲しいことは「声かけ」

 

「詰まった物が何か?」問いかけて声を出すことが出来なければ「窒息」と判断して救急車を呼びましょう。

 

 

返事があって意識がある場合は出来るだけ「咳」をさせましょう。

 

 

 

 

意識の有無や年齢に関係なく効果的なのが「背部叩打法」です。

 

 

「背部叩打法」のやり方は、

 

①対象者を自分の方へ向けて横向きに寝かす。

 

②片方の手のつけ根で肩甲骨の間を何度も力強く叩く。

 

③連続して叩き異物を吐き出すよう促す。

 

 

反対にやってはいけない方法は、掃除機で詰まった異物を取り出す方法です。

 

準備に時間がかかり焦ってしまいかえってのどの奥に詰め込んでしまったり、口元やのどを傷をつける可能性が高くなります。

 

また、意識がない場合は、異物が胃から逆流して気道を塞いでしまう可能性もあるので、背後から抱え込んで腹部を突き上げるハイムリック法も行わないようにしましょう。

 

何はともあれ、救急車を呼んでも来るまでに多少の時間はかかります。

 

その際も、まずは落ち着いた状況の判断と応急処置をするために今回の内容を覚えておくことをお勧めします。

 

 

 

本当の原因を取り除くための施術をお探しなら【京都市山科区・醍醐の整体・せがわ接骨院】までお問い合わせください。

 

 

 

ご予約、お問い合わせはこちらへ

↓  ↓  ↓

075-502-4976

 

 

24時間メール予約はこちら

 

 

 

ご連絡・ご相談はこちらまで。 3営業以内にお電話します。

  ↓  ↓  ↓

http://form.os7.biz/f/27fc13e1/

 

 

 

 

jikoku 

 

 

注:施術中など営業時間内でも留守番電話になってる場合があります。

 

お名前と携帯番号を残してください。

 

確認後、こちらからご連絡いたします。 

   

 

 

LINE

 

 

京都市山科区・醍醐で骨盤矯正に強いせがわ接骨院のHPはこちら

 

 

京都市山科区・醍醐で交通事故に特化したせがわ接骨院のサイトはこちら

 

 

京都市山科区・醍醐で口コミ数 ” 地域No.1” に選ばれているせがわ接骨院のサイトはこちら

 

 

2017年1月3日 2:15 PM

京都市山科区せがわ接骨院 施術の流れ

せがわ接骨院の施術のながれ

お問合せ・ご予約はこちら

TOPへ戻る

せがわ接骨院 公式サイト

    2017年7月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

    アーカイブ

..