早期治療・根本改善!

年齢とともに背骨を支えるクッションの椎間板が弱くなる。

 

おはようございます。

せがわ接骨院 せがわです。

 

本日もブログをご覧いただきまして本当にありがとうございます。

 

 

本日は【年齢とともに背骨を支えるクッションの椎間板が弱くなる】について

 

 

背骨の柱(脊柱)を構成する骨と骨を接続して、あらゆる角度へスムーズに動かしたり、クッションの役割を果たしてのが椎間板です。

 

椎間板は中にある柔らかいゲル状の「髄核」を、コラーゲン繊維が重ねられて作られた「繊維輪」で覆っている形をしています。

 

椎間板は日常的に体重や動作などの大きな負担を受けています。

 

そして、加齢やストレスから椎間板の中の水分が徐々に減少してしまい弾力性を失います。

 

弾力性を失った状態のまま、更に大きな負担がかかるとやがて潰れて薄く変形してしまいます。

 

(例えて言うなら、床が傷つかないようにテーブルの足との間にいれるゴム(椎間板)のように、年数が経つと凹んで潰れてしまう)

 

その結果、身長が低くなります。

 

そして、クッションがなくなったことで骨と骨がぶつかり合います。

 

ぶつかり合うと軟骨が傷ついたりすり減ったりします。

 

また、失った弾力性を補おうとして骨棘(トゲのような余分な骨)ができて痛みを引き起こします。

 

年齢とともに多くの方が、関節痛やそれに伴って他の場所に症状を呈することで悩まされるのは、この椎間板の弱体化や変形と同じような原因があります。

 

しかし、日常的にウォーキングやラジオ体操などをすることで椎間板の弱体化を予防することが可能です。

 

痛みなどの症状が出る前に予防をすることが大切になってきます。

 

 

本当の原因を取り除くための施術をお探しなら【京都市山科区・醍醐の整体・せがわ接骨院】までお問い合わせください。

 

 

ご予約、お問い合わせはこちらへ

↓  ↓  ↓

075-502-4976

 

 

 

24時間メール予約はこちら

 

 

ご連絡・ご相談はこちらまで。 3営業以内にお電話します。

  ↓  ↓  ↓

http://form.os7.biz/f/27fc13e1/

 

 

 

 

jikoku 

 

 

注:施術中など営業時間内でも留守番電話になってる場合があります。

お名前と携帯番号を残してください。

確認後、こちらからご連絡いたします。

 

 

 

LINE

 

 

京都市山科区・醍醐で骨盤矯正に強いせがわ接骨院のHPはこちら

 

 

京都市山科区・醍醐で交通事故に特化したせがわ接骨院のサイトはこちら

 

 

京都市山科区・醍醐で口コミ数 ” 地域No.1” に選ばれているせがわ接骨院のサイトはこちら

 

 

2017年3月25日 7:28 AM

京都市山科区せがわ接骨院 施術の流れ

せがわ接骨院の施術のながれ

お問合せ・ご予約はこちら

TOPへ戻る

せがわ接骨院 公式サイト

..