早期治療・根本改善!

脊椎分離・すべり症(腰椎)

 

脊椎分離・すべり症は、分離症とすべり症の二段階に分かれる疾患で、どちらも腰に見られます。

 

764684

 

 

分離症「腰椎の関節突起部が分離」する疾患です。

 

激しいスポーツなどでの疲労骨折が原因と言われています。

 

すべり症は、脊椎分離の状態で、さらに力学的なストレスや加齢により椎間板の異常が加わった結果、「分離している上位の椎骨が前方にすべってしまう」疾患です。

 

 

腰椎分離症とは?

 

 

腰椎の椎弓を構成する上・下関節突起の間の関節突起間部の連続性が断たれた(分離した)状態。

 

青少年期(12~24歳)の過度のスポーツが原因と言われています。

 

青少年期における腰痛の原因疾患のひとつ。

 

多くは腰椎5番に発生してレントゲン画像にて確認できる。

 

分離した椎体と椎弓はそれぞれ安定性を失い椎体は前方へ滑り出すと分離性脊椎すべり症となる。(後ほど記載あり)

 

分離

 

 

腰椎すべり症とは?

 

1つの椎骨が尾側の椎骨に対して前方へすべった状態の総称。

 

以下、3つが重要。

 

1.先天性すべり症(脊椎下垂症)

 

先天的な仙椎1番の関節突起の形成不全によって腰椎5番の高度なすべり症が生じる。

 

すべり症は成長とともに進行し、思春期にいたって急速に増悪するケースもある。

 

腰椎5番が仙骨の前方へすべり落ちてしまう(脊椎下垂症)場合もある。

 

 

 

2.分離性脊椎すべり症

 

腰椎5番に良く起こり、腰椎前腕が強くなる。

 

すべり度が50%を超えるような強いすべりでは、腰を背部から見ると棘突起間み段差がみられる(階段状変形)

 

すべり

 

 

3.変性脊椎すべり症

 

椎弓の分離がなく、椎体が前方へすべっている状態。

 

以前は、無分離すべり症と呼ばれていた。

 

40歳以上の女性に多い。

 

大部分は腰椎4番の変性すべり症である。

 

腰部脊柱管狭窄症の代表的な原因疾患のひとつ。

 

 

腰椎分離・すべり症の特徴的な症状とは?

 

分離症の場合

 

腰を曲げたり反らしたりする時に腰に痛みを感じることがあり。

 

骨が分離している部分の痛みに限定される。(局所的な痛み)

 

脚などの下肢のしびれなどの症状が見られるのはまれ。

 

整形外科などで「腰椎分離症」と診断されても無症状であることが多く、スポーツや仕事などでの労働を激しくおこなった場合のみ症状が出てくることがほとんど。

 

 

すべり症の場合

 

比較的に強い腰痛がある。

 

脚など下肢にしびれや痛みなの症状を伴う。

 

安静時は、それほどではないが、動作時や立っている時に痛みやしびれが強くなる。

 

間歇性跛行がみられる。

 

 

一般的な腰椎分離・すべり症の治療とは?

 

整形外科やクリニックでは、

 

まずは、保存療法。

 

コルセットや薬物療法、電気などの物理療法、理学療法。

 

これらで良くならない場合は、脊椎固定述などの手術を勧められるでしょう。

 

しかし、外科的な手術は最終手段。

 

 

せがわ接骨院の腰椎分離・すべり症の治療とは?

 

腰椎分離症は、分離していることで腰の痛みや脚の痛み、しびれなどを起こしていることはほとんでありません。

 

また、腰椎すべり症は、全てがすべっていることでしびれなどの神経症状が出ているわけではありません。

 

腰椎分離・すべり症は、腰椎箇所の分離やすべっている場所だけでなく、脊椎を構成する椎骨、椎間板、靭帯、椎間関節、または骨盤(恥骨)や股関節などにわずかな変化(ズレ、ひずみ)がおこると脊柱管や椎間孔が破たんして痛みやしびれなどの症状が現れると考えます。

 

したがって、これらの脊椎の構造物(椎骨、椎間板、靭帯、椎間関節)や骨盤(恥骨)、股関節のわずかな変化(ズレ、ひずみ)している箇所を見つけて、そこを治療します。

 

そうすることで、例え実際に、レントゲン画像で腰椎分離・すべり症の画像所見がみられたとしても腰の痛みや下肢の痛み、しびれなどの症状はなくなります。

 

そして、これらの脊椎の構造物(椎骨、椎間板、靭帯、椎間関節)や骨盤(恥骨)、股関節がいつまでも若々しく正常に保たれれば、腰痛や下肢の痛み、しびれとは縁のない生活が送れます。

 

✔病院で腰椎分離または、すべり症と診断された。

✔てっきり手術しか治す方法がないとあきらめている。

✔もう以前のようには動いたりできないと本当に悩んでる。

 

このような方は一度、せがわ接骨院の施術を受けてみてください。

 

めちゃくちゃ調子良くなるのが実感できますよ。

 

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

京都市山科区 腰椎分離症 患者さんの声

 

 

【腰椎分離症と診断され腰痛とお尻から脚にかけてのしびれが続いていたが3回目の施術あたりからあ痛みしびれが徐々になくなってきた!

 

 

oota

 

 

IMG_4448

 

 

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

 

●どのようなお悩みで来院されましたか?(これまでのツラさや痛み、行ってきた対処方法など)

 

3年前に整形外科で腰椎分離症と診断され、腰痛とお尻から左足にかけてしびれが続いていたが4月かた立ち仕事に変わってから薬も効かなく耐えられなくなったので、、、

 

 

 

●当院で施術をうけて、いかがでしたか?(施術のことや、施術後の変化など)

最初は短い期間の通院、3回目あたりから痛み、しびれが徐々になくなり、通院から約3カ月たった今では全く感じなくなった。

 

不安はありません。

 

 

 

当院の良さは何ですか?(効果、環境、雰囲気、スタッフなどご自由にお願いします。)

 

施術してもらったあと、宿題のようにアドバイスいただいことを行うことで回復に向かっていることが実感できます。

 

質問にも親切に答えてもらえるので信頼できます。

 

 

●同じようにお悩みの方へ励ましの言葉をお願いします。(当院へ行こうか迷っている方へ)

 

気持ちをひとつにして対応していただける先生ですし、常に勉強もなさっておられるので、今の自分達の状態を見極めてくれるはずです。

 

 

 

施術料金(税込み)

 

初回(初診料含む)8,000円

2回目以降    6,000円

 

※前回施術日から1か月以上あいた場合は再度初診料がかかります。

(初診料+施術料金=8,000円)

 

 

京都市山科区せがわ接骨院 施術の流れ

せがわ接骨院の施術のながれ

お問合せ・ご予約はこちら

TOPへ戻る