早期治療・根本改善!

腱鞘炎(けんしょうえん)

 

一般的に腱鞘炎は、”指や手首の使いすぎによって起こる”と言われています。

 

item.1153.1

 

 

そして、腱鞘炎には、手首の親指付近が痛むドケルバン病や指の第3関節が曲げると痛くなるバネ指などがあります。

 

ここでは、代表的なもの2つを取り上げています。

 

腱鞘炎の原因や症状、施術方法などについてお伝えしていきます。

 

 

腱鞘(けんしょう)とは?

 

筋肉と骨とをつなげる腱を束ねる組織を腱鞘(けんしょう)といいます。

 

 

腱鞘炎(けんしょうえん)とは?

 

ひとことで言うと、この腱鞘が炎症を起こすことをいいます。

 

俗にいう「手指の使い痛み」

 

684584

 

腱(けん)は骨と筋肉をつなげる組織です。

 

腱は何本も束状になって腕から指先まで走っていて、この腱の働きによって指の曲げ伸ばしが可能になります。

 

そして複数の腱を束ねる形で、腱鞘という組織があります。

 

この腱鞘が何らかの原因で痛みや熱感、腫れを伴って、炎症を起こすことを「腱鞘炎」といいます。

 

 

腱鞘炎の原因とは?

 

指や手の使いすぎ(長期的もしくは慢性的)

 

「指を曲げ伸ばししたり、手を握りしめたり」などの日常的な動作に必要になってくる腱鞘ですが、手指の使いすぎによって炎症を起こします。

 

腱鞘炎で来院される患者さんの多くは、事務作業や書き物をしたり、趣味で編み物をしたりなど、日頃から頻繁に手を使って仕事や作業される方です。

 

また、妊娠中や産後・更年期の女性に起こりやすくなっています。(ホルモンバランスの関係と言われています。)

 

033022

 

そして、そのような患者さんのほとんどは腱鞘炎だけでなく、肩こりや肘周辺の痛みなども一緒に抱えていることが多いです。

 

 

腱鞘炎の種類と特徴

 

ドゥケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

 

ドゥケルバン病とは、手首の親指側の腱と腱鞘に炎症が起こった状態です。

 

IMG_5806加工

 

 

手をグーパーしたり、親指を動かしたりすると、この手首の親指側の腱鞘周辺にズキズキとした痛みが起こります。

 

他にも、患部が腫れぼったくなったり、熱っぽくなったりする場合もあります。

 

このような時に痛みを感じます。

 

✔物を持った時

✔ドアノブを回す時

✔ペットボトルを開ける時

✔布きんなどを絞る時

✔文字を書く時

✔手をついた時

 

などの手指や手首を使う動作によって、痛みを感じることが多いです。

 

ドゥケルバン病の診断には「フィンケルシュタインテスト」という痛みを誘発させる検査で判断します。

 

やり方は簡単で、親指を中に入れてにぎって、親指と手首を一緒に小指側に曲げたときに親指側の部分に痛みが出るのかの変化を見る検査です。

 

 

IMG_5846加工

 

 

※親指側に痛みがでれば陽性(ドゥケルバン病と判断します。)

 

 

バネ指(バチ指・弾発指)

 

バネ指(バチ指・弾発指)とは、腱鞘炎が指の付け根(第3関節部)に起こって進行することで出る症状です。

 

 

IMG_5847加工

 

 

指の付け根(第3関節部)は、もともと負担がかかりやすく腱鞘炎になりやすい場所になります。

 

良くある症状として、朝、曲がった指を伸ばそうとした時、ピンと伸びるさまがバネのように見える状態からバネ指と言われています。

 

さらに腱鞘炎が進行すると指がピンと伸びた状態になり、悪化すると指が曲がらなくなる可能性もあります。

 

キツネの指(親指、中指、薬指) こちらがバネ指の好発部位となります。

 

 

IMG_5848

 

 

なぜ朝(起床時)に腱鞘炎が痛むの?

 

簡単に言うと、カラダ全体がかたくなっているから

 

睡眠時は、もちろんカラダも眠っている状態なので、カラダを動かしている時(活動中)に比べて体温が低くなっていて血液循環も滞りがちになっています。

 

しかも、眠っているとはいえ長時間同じ体勢が続くことでカラダの各組織もかたくなりやすい状態なのです。

 

体温が上がることによって、筋肉の表面が動きやすくなりますが、逆に体温の下がってくると筋肉の表面が動きずらくなります。

 

体が冷えて筋肉が緊張している状態は、腱鞘炎の痛みを強くする要因のひとつになります。

 

そのため、起床時に腱鞘炎の痛みを強く感じる場合が多く見られるのです。

 

 

一般的な腱鞘炎の治療方法とは?

 

✔安静(使わない)

✔テーピングや専用のコルセットで固定

✔軟膏やシップなどの外用剤

✔ステロイド注射

✔物理療法(レーザー照射)

✔手術(腱鞘切開手術)

 

 

せがわ接骨院の腱鞘炎の施術方法とは?

 

基本的には、なるべく手指や手首に負担をかけないことが必要です。

 

初期のドゥケルバン病なら、手をダラリと下げた肩から脱力した状態で、手首をブラブラする。

 

やり方の動画はこちら

 ↓ ↓ ↓

 

 

初期のバネ指なら、痛いところを反対に伸ばしてストレッチをかける。

 

やり方はこちら

 ↓ ↓ ↓

バネ指ストレッチ加工

 

 

初期ならこれだけで症状がなくなることもあります。

 

ただ、ほとんどの方が症状が強くなってから来院されるので、手を加える必要があります。

 

患部を医療用ステンレス製のカッサでこすっていき、癒着している組織をはがしていきます。

 

手首カッサ

 

指や手首の関節を動かしたり、腱にストレッチをかけながらカッサでこすっていきます。

 

指カッサ

 

悪いところ(癒着しているところ)はゴリゴリという嫌な感触がします。

 

しっかりと施術することで以前のように痛みなく手を使うことが出来ますよ。

 

腱鞘炎でお困りの方は「腱鞘炎の治療を希望!」とご連絡ください。

 

もちろんご相談も受付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

 

 

追伸 

 

腱鞘炎は基本的には指もしくは手首だけの施術になります。

 

よって通常の価格よりリーズナブルな価格になっておりますので、詳細を知りたい方はご連絡ください。

 

その際は「腱鞘炎の治療を希望!」とお伝えください。

 

 

 

 

京都市山科区せがわ接骨院 施術の流れ

せがわ接骨院の施術のながれ

お問合せ・ご予約はこちら

TOPへ戻る