早期治療・根本改善!

腰部脊柱管狭窄症

 

腰椎椎間板ヘルニアと並んで「坐骨神経痛」をおこす代表的なのが腰部脊柱管狭窄症。

 

あまり聞き慣れない言葉でむずしい疾患をイメージされる方も多いかもしれませんが、実は腰椎椎間板ヘルニアよりポピュラーな疾患です。

 

497468

 

50代以降の中高年の方に良くみられるもので、俗にいう

 

「お年寄りの坐骨神経痛」の多くはこれなのです。

 

 

腰部脊柱管狭窄症とは?

 

背骨は身体を支える役割だけでなく、脳から来る背骨の中を通る神経(脊髄)守る役割もあります。

 

その脊髄神経が走っている背骨の中の事を「脊柱管」をいいます。

 

キズが付かないように脊柱管という骨のクダの中に、大切な脊髄神経が通っています。

 

一般的に脊柱管狭窄症はこの脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことを言います。

 

なお、脊柱管狭窄症は50代、60代の方に多く見られると言われています。
 

 

前述の通り、この疾患も腰椎の神経根が圧迫や刺激されることによって神経痛を起こすと言われている。

 

腰椎椎間板ヘルニアの時に感じる痛みやしびれと良く似ている。

 

ただ、その坐骨神経痛は椎間板ヘルニアのように強くはないが、慢性的につづき、なかなか治らない頑固なものであることが多い。

 

 

特徴的な症状とは?

 

静かにジッとしているときには痛みは起こらないが、立ったり歩いたりする痛みが起こる。

 

また、

歩き始めはよいが、歩いているうちに徐々に痛みやしびれが強くなり、ついには立ち止まって休む。

 

その際、前かがみの姿勢やベンチに腰を掛けるなど少し休むと痛みやしびれがスーッとおさまりまた歩けるようになる。

 

このような症状を「間歇性跛行(かんけつせいはこう)」と言って腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状になります。

 

その他の症状は?

 

✔クツを履いた際、小石が入ってる感じ

✔足裏がねばつく感じ

✔少しの段差でつまずく

✔カラダを反らせるとビリッと脚に電気が走る

✔股関節が開かない(硬い) など

 

初期段階では症状が日よって出たり出なかったり、あるいは痛みやしびれの増減がある場合がほとんどです。

 

そのため、痛みやしびれを一時的なものだと軽んじてしまって、症状が進行していくケースが多く見受けられます。

 

 

一般的な腰部脊柱管狭窄症の治療とは?

 

きっと病院では手術を勧められるでしょう。

 

しかし、外科的な手術は最終手段。

 

手術をすれば痛みやしびれが必ずなくなるとは限りません。

 

脊柱管が狭窄しているところがすべての原因ではないことが少なくありません。

 

また、理学療法や物理療法などの

 

・電気をあてる。

・マッサージをする。

・腰を牽引する。(引っ張る)

・ホットパックで温める。

 

これらは、初期段階なら効果もあるでしょう。

 

 

せがわ接骨院の腰部脊柱管狭窄症の治療とは?

 

脊柱管狭窄症は、背骨を構成する椎骨、椎間板、靭帯、椎間関節などにわずかな変化(ひずみ)がおこると脊柱管や椎間孔が破たんして脊髄や神経根がスグに影響を受けて痛みやしびれなどの症状が現れると考えます。

 

したがって、これらの構造物(椎骨、椎間板、靭帯、椎間関節)のわずかな変化(ひずみ)している箇所を見つけて、そこを治療します。

 

そうすることで、脊柱管(脊髄神経をとおす空間)や椎間孔(神経根をとおす空間)は正常な状態になって、痛みやしびれの症状はなくなります。

 

そして、これらの構造物(椎骨、椎間板、靭帯、椎間関節)がいつまでも若々しく正常に保たれれば、脊柱管や椎間孔という空間も正常に保たれて痛みやしびれとは縁のない生活が送れます。

 

✔病院で脊柱管狭窄症と診断された。

✔手術しか治す方法がないと言われた。

✔もう以前のようには歩けないと本当に悩んでる。

 

このような方は一度、せがわ接骨院の施術を受けてみてください。

 

めちゃくちゃ調子良くなるのが実感できますよ。

 

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

京都市山科区 脊柱管狭窄症 患者さんの声

 

 

【京都市伏見区 起床時には足、腰を伸ばせず這う状態。脊柱管狭窄症の診断で5分も歩けなかったが徐々に楽になりました!】

 

 

kubota

 

 

IMG_4251

 

 

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

 

●どのようなお悩みで来院されましたか?(これまでのツラさや痛み、行ってきた対処方法など)

 

脊柱管狭窄症と診断され、起床時には足腰を伸ばせず這う状態でした。

 

日常では右の臀部から足先まで、だるさ・しびれ・痛みがあり5分しか歩けなかった。

 

接骨院やトリガーポイント治療を受けましたがなかなか痛みが取れなかった。

 

 

●当院で施術をうけて、いかがでしたか?(施術のことや、施術後の変化など)

 

今までの接骨院では痛いところのマッサージや針治療を受けていましたが、ここでは痛いところは違うところに対しての施術で驚きました。

 

(最初のころのおへそまわりのツボ押し?)はじめの数回はあまり変化がなかったけれど徐々に楽になってきました。

 

 

当院の良さは何ですか?(効果、環境、雰囲気、スタッフなどご自由にお願いします。)

 

親身におちらの話を聞いて下さり「なんとしても治して以降!!」という先生の熱意が伝わり安心して治療をお願いしました。

 

 

 

●同じようにお悩みの方へ励ましの言葉をお願いします。(当院へ行こうか迷っている方へ)

 

今の痛さや辛さから脱したいのであればガマンせず、とにもかくにも先生に診てもらってください。

 

今の状態と回復にむけての治療のながれを丁寧に説明して下さいます。

 

 

施術料金(税込み)

 

初回(初診料含む)8,000円

2回目以降    6,000円

 

※前回施術日から1か月以上あいた場合は再度初診料がかかります。

(初診料+施術料金=8,000円)

 

京都市山科区せがわ接骨院 施術の流れ

せがわ接骨院の施術のながれ

お問合せ・ご予約はこちら

TOPへ戻る