早期治療・根本改善!

股関節の痛み(変形性股関節)

 

こんな不調でお悩みではありませんか?

 

股関節の痛み

 

✔︎しゃがむことが出来ない

✔︎股関節が開かない

✔︎足が上がらない

✔︎階段の登り下りが痛い

✔︎歩行中の突然の痛み

✔︎足の付け根が常に詰まった感じがある

✔︎びっこを引いて歩いる

✔︎歩くと体が左右に揺れる

✔︎お尻やもも裏に痛みやしびれが出る

✔︎鼠径部、その周辺に痛みがある

✔︎変形性股関節を言われた

相談してください

股関節の機能

股関節の画像

股関節は、骨盤と大腿骨からなる左右一対からなる人体最大の関節で、最も骨密度の高い関節。

常に体重などが掛かる荷重関節で、人が歩いたり、座ったり日常生活には欠かせない関節です。

股関節を構成する骨、靭帯、筋肉がたくさんあります。

股関節の正常な動きのチェック方法

股関節の痛みの施術

股関節に痛みが出る要因や動作

股関節に痛みが出る要因や動作として、

・変形性股関節

・サッカーなどのスポーツ

・階段を踏み外す

・事故などによる外傷

・無理な開脚

・先天性臼蓋不全

・片足荷重時

などが挙げられます。

股関節が痛む原因

股関節が痛む原因として、腸腰筋が深く関わっています。

腸腰筋のイラスト

※腸腰筋とは、腰椎、骨盤の腸骨、大腿骨に付着している筋で、股関節を屈曲(膝を体幹に寄せる)働きがあります。

腸腰筋が、過緊張(硬くなっている)あるいは弛緩(伸びて緩くなっている)だと股関節に機能異常が発生します。

機能異常が発生すると股関節本来の正常な動きが出来ないので股関節に痛み、不調を発生させます。

※機能異常=本来、各関節や筋肉がもっている機能が失われている状態。

股関節の痛みの施術

1、腸腰筋の状態の確認と腸腰筋へのアプローチ

2、足趾、足関節へのアプローチ

3、下腿筋群へのアプローチ

4、股関節に関連する筋肉、腱、靭帯へのアプローチ

5、股関節(骨盤)脊柱矯正

6、股関節(骨盤、腰椎、下肢)を安定させるセルフケア指導

腸腰筋へのアプローチ1

腸腰筋へのアプローチ2

臀筋へのアプローチの肢位

股関節の痛みの施術は、第一ステップは腸腰筋の筋力の状態を確認して、その状態にあった腸腰筋へのアプローチをします。

そして、足趾、足関節、下腿筋群(腓腹筋、ヒラメ筋)、大腿筋群、内転筋群、臀筋と順にアプローチしていきます。

股関節に関わるの全体の筋肉がほぐれたところで股関節(骨盤)、脊柱を弾力性のある状態に矯正します。

足趾から股関節(骨盤)と丁寧に順番にゆがみうやズレを整えていくことで再発しない良好な股関節の動きや状態になります。

股関節へのアプローチ

この一連の股関節の痛みの施術で、あなたの股関節の痛みや不調は解消しますよ

股関節の痛みでお悩みの方は、ご連絡ください。

股関節の痛みのセルフケア

股関節の痛みのストレッチは意味がない理由

京都市山科区せがわ接骨院 施術の流れ

せがわ接骨院の施術のながれ

お問合せ・ご予約はこちら

TOPへ戻る