早期治療・根本改善!

オスグッド(成長痛)

膝の痛みで悩まないでください。

オスグッド(膝の痛み)

✔︎お皿の下が痛くて運動が出来ない

✔︎走ると膝に痛みがでる

✔︎お皿の下の骨が腫れている

✔︎膝の下側の骨が出っ張っている

✔︎膝全体が腫れぼったく熱がある

✔︎走ると痛いけど歩くと痛くなくなる

✔︎地面に足がつくと膝に激痛が走る

✔︎制服やジャージに触れただけで痛い

お悩みの方はお越しください

オスグッド(成長痛)とは?

骨端症(こったんしょう)とも呼ばれ、膝のお皿の下の骨(脛骨粗面)が徐々に出っ張ってきて痛みを生じます。

脛骨粗面の写真

10~15歳の成長期によくみられるので成長痛と言われたりしますが整形外科学会では直接の因果関係はないとも言われております。

特にサッカーやバスケット、バレーボールなどでジャンプしたり、走ったり、ボールを蹴ったりと日常的に脚を酷使する激しいスポーツを行っている子供達に多くみられるスポーツ障害です。(決して病気ではありません)

※全くスポーツをしない子供にもみられることもあります。

サッカーをする少年のイラスト

なかでも、小学生から中学生に上がり部活などで運動量が急激に増えることで一気に痛みが増してくることが多いです。

成長期なので骨(軟骨)はどんどん成長するのに、成人並みに強さがある筋肉によっていつも成長期の骨が強く引っ張られているといったような状態です。

その成人並みの強さの筋肉の引っ張りに、まだ固まっていない成長過程にある柔らかいお皿の下の軟骨が負けてしまい、炎症を起こしたり、ひどくなればその軟骨が剥がれて(剥離して)しまって強い痛みが生じます。

オスグッドの説明のイラスト

この時に身体の使い過ぎ(オーバーユース)による疲労の蓄積や睡眠不足などで回復力が追いつかなくなると更に痛みが強く長期的になることがあります。

症状には個人差があるので、歩行が困難なくらい痛みを訴える子もいれば、激しく運動した時だけ痛む子などさまざまです。

オスグッドの原因とは?

「使い過ぎで痛みが発生するので部活を休んでください」と先生から言われるも「みんな同じ成長期で同じスポーツをしているのに、どうして私だけなの?」と思われることもあるのではないでしょうか。

困っている少年と少女のイラスト

オスグッド(膝の痛み)になる本当の原因は「筋力のアンバランス」によってお皿の下に痛みが発生します。

アンバランスによって膝の関節が不安定になり運動量が多くなる成長期のお子さんの膝に襲いかかります。

せがわ接骨院に、ご相談があるオスグッド患者さんの94%は膝の関節を支えなければいけない筋力のバランスが崩れている子どもが占めています。

膝の関節を支える筋肉が「硬く凝り固まっているところ」と「筋力低下しているところ」があってバランスが取れていない状態です。

残りの6%は急激な動きに外傷によるものか、精神的ストレス性のものだと考えられます。

オスグッドの中学生にカウンセリング中の写真

偏った身体の使い方や体格、普段の姿勢、クセ、睡眠不足、栄養の偏りなどの様々な要因によって下肢のバランスが悪くなっていると考えます。

そして、そういったバランスの悪い状態で筋トレやハードな走り込みなど筋肉に負担をかけるとで更に症状を重篤化させてしまうことが多いのが実状です。

なので、お皿の下の痛いところだけが問題では為、病院などの医療機関でのリハビリやシップ、一般的な整骨院での電気を当てる、アイシングなど患部だけの施術だけでは良くはならないのはこのためです。

せがわ接骨院 オスグッドの施術とは?

膝の関節が不安定になりオスグッド(膝の痛み)の原因になる重要な筋肉があります。

特に「内転筋」と「内側ハムストリングス」などの内ももの筋肉。

内転筋群のイラスト

この内ももの2つの筋肉が低下することで大腿四頭筋と言う太ももも前面の大きな筋肉の緊張が強くなり頸骨粗面(お皿の下の出っ張りの骨)への引っ張る牽引力が強くなります。

大腿四頭筋のイラスト

せがわ接骨院では、大腿四頭筋(太ももの前)の筋肉の緊張を解くアプローチと、低下した筋肉へ筋力アップするアプローチをして、正常な状態にする技術があります。

最初に、片足立ちや屈伸、ジャンプ、ケンケンなど痛みが強く出るタイミングや状態を確認します。

片足立ちでの痛みの確認

そして、背中や骨盤周囲・股関節・ふともも・ふくらはぎ・足首・足指などを細かく調整して筋肉、関節を正常な状態にして柔軟性のある身体にしていきます。

オスグッド(膝の痛み)の施術前と施術後

13歳男子、左膝の痛み(軽度)ビフォーアフター

オスグッドの施術の回数

大体の方が8回~16回の施術でオスグッドの痛みは解消しています。

(重症な症状の方や女子の場合は施術回数が多くなる場合があります。

また、練習を休まず続けながら施術をされる場合も回数が多くなる場合があります。)

おそらく他の医療機関では信じられない事だと思いますが事実です。

自宅に帰ってからも膝などに掛かる負担を出来る限り軽くする為に、

✔こまめなセルフケアをおこなうこと。

✔痛みが強い時は決して無理をせず休憩をとる。

など指導、アドバイスをしっかり行います。

下腿筋のセルフケア

こう言ったことでオスグッドの痛みや患部の腫れが、かなり抑えられます。

初回から痛みが和らぐのも実感できるハズです。

基本的には、部活や運動をやってもらいながらの施術になります。

ただし、痛みが長期間に及んだり、強くなったり、痛みに変化が場合は部活や運動をしばらく中止して施術に専念していただくこともありますのでご理解ください。

オスグッドに効果的なエクササイズ

せがわ接骨院よりお願い

最近、練習は休めないけど、オスグッドを治して下さいというお問い合わせや来院が多くあります。

もちろん全力を尽くして施術をしますが、原則として施術期間中は運動中止もしくは痛みの伴わないレベルでの運動に制限してもらっています。

これがオスグッドを解消する最善・最短の方法だと考えます。

大切な時間とお金を使って来院されるので、当院としましても少しでも効果をあげて、一日でも早く運動復帰して欲しいと思っています。

ですから当院の方針にご協力頂けない場合は施術をお断りする場合もございます。

ご理解の上、ご予約いただけますと幸いです。

お子さまのオスグッド(膝の痛み)でお困りの方はお気軽にご相談ください。

ご予約お待ちしております。

京都市山科区せがわ接骨院 施術の流れ

せがわ接骨院の施術のながれ

お問合せ・ご予約はこちら

TOPへ戻る