早期治療・根本改善!

坐骨神経痛

坐骨神経痛のイラスト

こんな不調でお困りではありませんか?

✔常にお尻が痛い、違和感がある。

✔座っているとお尻、太もも裏に痛みがでる。

✔体を動かすと足の痛みが強くなる

✔お尻や足がジンジン痛くて眠れない。

✔少し歩くだけで足がだるくなり座ると楽になる。

✔体を丸めて座ると足の痛みやシビレが強くなる。

✔体を反らすと痛みやシビレが強くなる。

お悩みの方はお越しください

坐骨神経痛とは?

お尻から太ももの後ろにかけて伸びている「坐骨神経」が様々な原因によって引っ張られることで痛みやシビレなどの状態が現れます。
坐骨神経は人体のなかで最も大きな太い神経です。
坐骨神経痛を訴える男性のイラスト
周りの筋肉などの組織によって神経が押さえられたり、当たったりなどの刺激を受けやすい神経になります。
腰痛やお尻の筋肉(梨状筋)に関連して起こることが多く、お尻や太ももの裏側、ふくらはぎの外側、足の甲、足指などに痛みやシビレが現れます。
ひどい症状だと麻痺(マヒ)や痛みによる歩行障害、排尿障害を伴うこともあります。

坐骨神経痛の原因と施術

坐骨神経痛の原因は様々あります。

年齢が若い(20代、30代)場合は腰椎椎間板ヘルニアが多い傾向です。

また、高齢(50代、60代)になると脊柱管狭窄症を原因として坐骨神経痛の症状が出てくることが多いです。

しかし、全てに当てはまる訳ではありません。

※近年は高齢(50代、60代)の方でも腰椎椎間板ヘルニアになる方が増えてきています。

坐骨神経痛を引き起こす主な症名

① 腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)

背骨は身体を支える役割だけでなく、脳から来る背骨の中を通る神経(脊髄)守る役割もあります。

その神経が走っている背骨の中の事を「脊柱管」をいいます。

一般的に脊柱管狭窄はこの脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことを言います。

なお、脊柱管狭窄は50代、60代の方に多く見られると言われています。

② 腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんヘルニア)

背骨は「椎骨」という骨と、その椎骨の上下の間でクッションの役割を果たす「椎間板(ついかんばん)」が交互に連結をして積み重なっています。

椎間板の中にはゼリー状の軟らかい組織の「髄核(ずいかく)」(70~80%が水分)という部分があります。

椎間板ヘルニアでは、何らかの理由でこの髄核が押し出され、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることで痛みやしびれが起こります。

なお、腰椎椎間板ヘルニアは20代、30代の方に多く見られるといわれています。

 ③ 梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

梨状筋とは、お尻の奥の方にお尻を横切るようについている筋肉。

この横切るようについている梨状筋の下を突き抜けて走行している坐骨神経が、ケガやスポーツ、仕事などでストレス(圧迫)が加わり起こります。

④ その他   

腰椎の変形や帯状疱疹、脊髄損傷、脊髄腫瘍のような疾患でも坐骨神経痛の症状や麻痺が生じる。

一般的な坐骨神経痛の施術とは?

医療機関でお薬の処方やリハビリなどに必要になってくるのが上記の症名になります。

症名がないとお薬の処方などは出来ないので、必ず何らかの名前をつけなければいけません。

そして、どの症名で下記のようなひとまとめの処置(施術)になります。

✔痛み止め薬の処方

✔注射をする。

✔牽引する。

✔電気を流す。

✔マッサージをする。

✔シップを貼る。

✔コルセットを巻く。

✔温める。

一般的に、このような保存療法あるいは理学療法が行われます。

そして、最終的に各々の判断のもと、手術といった流れになります。

手術までに多くの方の痛みやしびれが解消しないのは、全て一緒の施術(処置)しかしていないことが原因です。

症名は同じであっても個人個人の性別や年齢も違えば体型、筋力も違います。

せっかく手術をしても経過が思わしくない方が多いのは、こういったことを考察せず一連の流れでやっているからです。

あなた個人の痛みやしびれの原因にカスタマイズした施術が必要になってきます。

せがわ接骨院の坐骨神経痛の施術とは?

症名が何であれ、痛みやシビレを発生させているのは筋肉が90%と言われています。

なので、まず痛みやシビレを発生させている原因の筋肉を探しだします。

(先ほどの記載と重複しますが、あくまで、前述の腰部脊柱管狭窄や腰椎椎間板ヘルニアなどは症名に過ぎませんので、どの症名でも同じような一般的な施術(牽引、コルセット、シップ)をして一向に楽にならないのはこの為です)

男性へのカウンセリング

今まで、多くの坐骨神経痛の方をみたところ、ほとんどの方が、臀部から太もも裏、すねに痛みやシビレが出ていて、その箇所に硬結(しこり)が必ずあります。

(硬結とは、筋肉が硬くなっている状態のこと)

硬結ができてしまうと、その筋肉が酸欠状態になることによって痛みやシビレを発生させます。

例えるなら、正座をして足の筋肉が圧迫されて循環不良(酸欠状態)になってシビレが出るのと同じことです。

せがわ接骨院では、その硬結をほぐすように刺激を与えて筋肉を柔らかい状態にしていきます。

筋肉が柔らかくなることで酸素がいきわたり痛みやシビレなどの症状は消えていきます。

また、骨盤、背骨の状態によって、骨盤矯正、脊椎矯正、股関節矯正などカラダ全体をトータルに調整することでお尻の痛みや脚のしびれなど坐骨神経痛は解消し戻りもありません。

つらい坐骨神経痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

お電話お待ちしております。

妊婦さんの坐骨神経痛の原因と対処方法

坐骨神経痛に効果的なストレッチ

坐骨神経痛の効果的なセルフケア

京都市山科区 せがわ接骨院 ご利用者さんの声

※ご利用者さんの声のみ掲載しております。

(質問内容は省略しております)

ご利用者さんとのツーショット写真

 

ご利用者さんの声

 

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

4月中頃より坐骨神経痛になり、左のおしり、ふくらはぎに強い痛みがあり椅子にも座れませんでした。

最初に行った整体院で、その強い痛みは取れたのですが、おしりの部分の痛みがなかなか取れず漢方薬に切り替えたのですが改善されず困っていました。

主人が当院で歩くのも痛がったのが施術を受け痛みもなくなり毎日ジムに通っているのを見て来院しました。

最初の何回かはあまり効果はありませんでしたが、おへそ(左の部分)のツボ押し(痛い)をしていただいた所、症状に変化があり、まだ日によってはリバウンドもしますがだんだん痛みを感じなくなっている日が増えてきています。

このまま施術を続ければ症状は消えてくると思います。

先生がとても気さくでしゃべりやすく説明もわかりやすいです。

冷房もあまり強くないのがいいです。

整形外科に行ってもレントゲンと痛み止めの薬しかもらえません。

それでは症状は取れません。

整体およびツボ押し等の施術を受けることにより改善すると思います。

京都市山科区せがわ接骨院 施術の流れ

せがわ接骨院の施術のながれ

お問合せ・ご予約はこちら

TOPへ戻る