マタニティ整体(妊娠中の施術)

   

山科区とその周辺にお住いの皆様、このようなお悩みはありませんか?

妊娠している女性

  • 妊娠中に腰痛、肩こりがある
  • 骨盤にグッと押して欲しい鈍痛がある
  • むくみ、たるみ、足がつる
  • 妊娠中、股関節や恥骨の痛みがある
  • お尻や太ももに鈍い痛みがずっとある

マタニティ整体で妊娠中の不調を解消

不調で悲しむ

妊婦(妊娠中)はリラキシンは筋肉や靭帯を緩ませ出産に備えます。

一方で骨盤を不安定な状態にさせる一面もあります。

お腹の中を赤ちゃんが成長するにつれて徐々に恥骨が開いて(骨盤が開いて)いきますが、そういった骨盤の変化により骨盤と連結する腰椎(背骨)も変化させることで反り腰になり、あなたの腰への負担が増していきます。

この様な、妊娠による骨盤の変化によって腰痛、坐骨神経痛、股関節の痛み、恥骨の痛みを発生させます。

妊娠中のトラブルは骨盤周囲の筋肉のバランスを整えてあげると解決しやすいですよ!

意外に多い妊娠中の臀部の痛みについて

特に妊娠中は臀部(お尻)の違和感、痛みを抱えておられる方が多いです。

いわゆる坐骨神経痛と言う症状です。

理由として、お腹が大きくなるにつれガニ股になり内ももの筋力が弱くなってきます。

そうなると、臀部や太ももの外側に負担がかかり痛みが発生します。

当初は違和感程度ですが、放っていくと、痛みが強く現れて、最悪の場合、寝たままで身動きが取れない状態になる方もおられます。

せがわ接骨院のマタニティ整体とは?

マタニティ整体妊娠中のお腹の大きさにもよりますが、基本的に横向きになった状態で寝てもらい3つのステップでアプローチをして解消させます!

1、股関節の柔軟性をつける

出産時は胎児の産道を確保するために恥骨が開かないといけません。

そのためには、股関節の柔軟性をつけておくことが大切です。

2、腰仙部の可動性をつける

妊娠中は胎児の成長に伴い骨盤が後傾することで仙骨と腰椎5番が噛み込んだ状態になり、骨盤周囲にさまざまな症状を引き起こします。

腰仙部が噛み込んだままの状態で、産後半年以上立っても腰痛が治まらず、困っている方が多くいらっしゃいます。

3、骨盤を締める

妊娠中は、胎児を抱える様に骨盤が後ろに傾きます。

その時に胎児の重みが仙骨部にかかり骨盤部に鈍痛を引き起こします。

骨盤を適度に締めることで骨盤が立つ位置に保つことができます。

3つのステップでアプローチすることで胎児によって負担がかかった状態の骨盤が”弾力性に富んだ骨盤”に戻ることによって、妊娠中に起きやすい腰痛、お尻の痛み、尿もれ、むくみなどの不調が解消できます。

その他、妊娠中に出やすい症状として、骨盤周りの症状(腰痛、恥骨痛、坐骨神経痛、股関節痛、尿もれ)の他、肩こり、手首の痛みなど妊娠中に出やすい症状の施術も行います。

マタニティー(妊娠中)の方へ

最後に、男性の私には分かることができない妊娠中の症状ですが、私が今持っている知識、技術、経験を全て出し切ってお手伝いすることをお約束いたします。

妊娠中の不調でお困りの方はご相談ください。