坐骨神経痛

   

山科区とその周辺にお住いの皆様、このようなお悩みはありませんか?

しびれ

  • 太ももの裏にずっと違和感がある
  • 座っていると、お尻や足に痛みがでてくる
  • 体を動かすと、足の痛みが強くなる
  • お尻、足がじんじんして眠れない
  • 体を丸めると楽に、反らすと痛みやしびれが強くなる

腰を調整する院長お尻から太ももの後ろにかけて伸びている「坐骨神経」が、さまざまな原因によって引っ張られることで、身体の痛みやしびれなどの状態が現れます。

坐骨神経は、人間の体の中で最も大きく、太い神経のため、お尻や太もも周りの筋肉などの組織によって、神経が押さえられたり、当たったりなど、刺激を受けやすい神経になります。

例えば、正座をすると、足の筋肉が圧迫されてしびれてきますよね?

この現象と同じように、坐骨神経痛の場合も、どこかの筋肉が硬く、しこりのようになっていると、筋肉に酸素が送り込めず循環不良が生じることで、痛みやしびれを発生させていると考えています。

坐骨神経痛の特徴

デスクワークの腰痛坐骨神経痛は、腰痛や梨状筋という、お尻の筋肉に関連して刺激が起こることが多く、お尻や太ももの裏側、ふくらはぎの外側、足の甲、足指などに、痛みやしびれが現れることが特徴です。

状態が悪化すると、麻痺や、痛みがひどく歩けない、排尿障害をきたすこともあります。

坐骨神経痛の様々な原因について

痛みやしびれを起こしているのは「筋肉が90%」と言われています。

年齢が若い、20代から30代の方の場合は、腰椎椎間板ヘルニアが原因である傾向が多く、50代や60代の方には、脊柱管狭窄が原因として、坐骨神経痛による不調が出てくることがあります。

しかし、全てに当てはまるわけではありません。

なぜなら、近年は50代、60代の方でも、腰椎椎間板ヘルニアになる方が増えてきているからです。
また、おひとりおひとりの普段の過ごし方や体型、筋力によっても異なるからです。

このように、坐骨神経痛の原因はさまざまなのです。

坐骨神経痛について、動画で簡単にご説明いたします。

原因と施術方法

意外と多い妊娠中の坐骨神経痛

せがわ接骨院の施術について

腰への施術坐骨神経痛は、しっかりと施術をすることによって良くなります。

まずは、どの筋肉が硬くなっているのかを検査で探しだします。

硬くなった筋肉を柔らかくさせるために、少しずつほぐすし、酸素を全身にいきわたらせて、自然に痛みやしびれを取り除いていく施術を行います。

状態によっては、背骨、股関節、骨盤の矯正も行い、坐骨神経痛の痛みを綺麗にとっていきます。

坐骨神経痛でお困りの方へ

今まで、私が多くの坐骨神経痛の方をみたところ、ほとんどの方が、お尻から太ももの裏、すねに痛みやしびれが出ていて、検査をすると、その箇所に必ずと言っていいほど、凝り固まったしこりのような筋肉があります。

せがわ接骨院の施術を受けられた方からは、

  • 長い時間歩けるようになった
  • 夜も、お尻のうずきがなくなり眠れるようになった!
  • 孫と一緒に遊べるようになった!
  • 子どもの抱っこが痛みなくできるようになった!

など、多くのお喜びの声をいただいております。

坐骨神経痛でお困りだった3名のご利用者さんとの対談動画

坐骨神経痛でお越しいただいたご利用者さん

脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)でお越しいただいたご利用者さん

坐骨神経痛でお越しいただいたご利用者さん

すべての坐骨神経痛に対応できるわけではありませんが、私が今持っている知識、技術をすべて出し切ってお手伝いすることを、お約束いたします。

施術の中で、坐骨神経痛の原因になりうる筋肉を見つけ出し、筋力アップの施術を行なうことで、坐骨神経痛を繰り返さない身体づくりを行うことも可能です。

また、再発をさせないためのセルフケアもお伝えしております。

動画がありますので「自分でなんとかしたい!」と思いの方は、ぜひやってみてください。

坐骨神経痛を予防・再発させないためのセルフケア

病院と接骨院の違い

一般的に病院では、

  • レントゲン検査やMRIなどの画像検査
  • 筋肉のこりを柔らかくする、しびれを緩和させるための痛み止めの処方
  • 腰を牽引する
  • 電気を当てる
  • 湿布を貼る
  • マッサージをする
  • コルセットを巻く
  • あたためる

という保存療法、あるいは理学療法が行われます。
また、一定期間以上痛みが取れない場合には、手術を薦められることもあります。

坐骨神経痛の際、医療機関でつけられる主な症名

整形外科などの医療機関で、痛み止めなどの処方やリハビリに必要になるのが、下記の症名になります。

腰部脊柱管狭窄

背骨は、身体を支える役割だけでなく、脳から背骨の中を通る神経を守る役割もあります。
その神経が走っている背骨の中のことを「脊柱管」と言います。

一般的に脊柱管狭窄は、この脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことを言い、50代、60代の方に多く見られると言われています。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨は「椎骨」という骨と、その椎骨の上下の間でクッションの役割を果たす「椎間板」が交互に連結をして、積み重なっています。
椎間板の中には、ゼリー状の軟らかい組織で、70~80%が水分である「髄核」という部分があります。
椎間板ヘルニアでは、何らかの理由でこの髄核が押し出されてしまい、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることで、痛みやしびれが起こります。
20代、30代の方に多く見られると言われています。

梨状筋症候群

梨状筋とは、お尻の奥の方に、お尻を横切るようについている筋肉です。
梨状筋の下を突き抜けて走っている坐骨神経が、ケガやスポーツ、仕事などで圧迫され、しびれ、痛みが起こります。

せがわ接骨院は、これまで何をしても、どこに行っても、一向にあなたの坐骨神経痛が楽にならなった、痛みやしびれの原因である筋肉を探し出します。

しっかりと原因にアプローチをし、坐骨神経痛に悩まされない生活をサポートいたします。

京都市山科にある、せがわ接骨院にお任せください!